スイスのシューズテクノロジーが生んだ"アンチシューズ" physiological footwear MBT

MBTは世界最小のフィットネススタジオです

メカニカルエンジニアでSWISSmasa i社長のカール・ミューラーは、かつてひどいアキレス腱痛、腰痛、膝痛に苦しんでいました。ある 時、草原や森の中の柔らかな地面を歩くと、 痛みが軽減されることに気づきました。そこで彼は、草原や森の大地のような不安定な地面を靴の底に再現しようと考えました。
6年間の研究の末、彼は全く新しい製品の開発にこぎつけ、 ケニアの草原で現在も一部素足の生活をし、 美しい歩行と、 高い跳躍力で知られる、誇り高き民族マサイの人々の名を冠してMBT (マサイベアフットテクノロジー)と名付けました。

マサイ族

MBTはいわゆる「靴ではありません」

MBT歩行を通じて筋肉のバランス調整 を促し、正しい姿勢、正しい歩行技術を生み出す トレーニングギアで す。人類の祖先は、森の中や草原で生活してきました。 柔らかく不安定な地面に、全身の筋肉の緊張と弛緩の絶妙なバランスを保ちながら、二本足で直立しさらに歩き走りまわれるように、 私たちの身体はデザインされています。ところが近代において、地面は整地され、硬いアスファルトで覆われてしまいました。バランスをとって歩く必要が無いために脚を前方に投げ出すような、自然でない、広い歩幅で着地する歩き方になり、脚、膝、腰、背骨などに大きな負担をかけています。